Tel:0120-32-3594

★電話注文

9時~18時

「ナイアシンアミド」とは?注目される理由や期待できる効果を紹介!

date:2022/07/01

「ナイアシンアミド」とは?注目される理由や期待できる効果を紹介!

近年多くのスキンケア製品に配合されている成分「ナイアシンアミド」について、「どんな成分なの?」「どんな効果が期待できるの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、注目を集める「ナイアシンアミド」の成分や特徴についてご紹介します。

〇ナイアシンアミドとは?

ナイアシンアミドはビタミンB群の一種で、ニコチン酸アミドとも呼ばれます。
化粧品に用いられているほか、医薬部外品としても使われています。
医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置し、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定量配合されている製品を指します。
2007年には医薬部外品美白有効成分として「ニコチン酸アミド」が厚生労働省に承認され、2018年頃には医薬部外品シワ改善有効成分として「ナイアシンアミド」が承認されたことで、美容業界から大きな注目を集めることになります。

従来、シワの改善をサポートする成分は脂溶性のものが多く、クリームタイプの化粧品が主流でした。一方、ナイアシンアミドは水溶性の成分であり、化粧水や乳液、美容液、オールインワンゲルなど、さまざまなタイプの化粧品にナイアシンアミドが配合されています。

〇ナイアシンアミドの働きをチェック!

ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)には大きく2つの美容効果が期待できます。
ひとつは、コラーゲンを生成してシワの改善をサポートする働き。
コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つ役割を果たしますが、加齢や紫外線によって減少してしまいます。
ナイアシンアミドは真皮に存在するコラーゲンの生成を促す働きがあるため、シワの改善やハリ・弾力の維持に効果が期待できます。

ナイアシンアミドに期待できるもうひとつの働きは、美白効果です。
お肌が紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトと呼ばれる細胞がメラニン色素を生成します。このメラニン色素が表皮細胞に運ばれ、色素沈着が起きることでシミとなってしまいます。 ナイアシンアミドは、生成されたメラニン色素が表皮細胞に運ばれるのを阻害する働きがあり、美白に効果が期待できると言われています。

- おわりに -

今回はナイアシンアミドについて、注目を集める理由や期待できる効果についてご紹介しました。
シワ改善や美白効果が期待できるナイアシンアミドは、さまざまなタイプの化粧品や医薬部外品に用いられているため、自分に合ったスキンケアアイテムを選びやすいのもポイントです。 今回ご紹介した情報も参考に、ナイアシンアミドが配合された製品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

【美容ライター】 富永ゆう

キレイになれる情報を求めて日々情報収集を行い、そのネタを美容コラムとして発信中。併せて、30代になってから結婚した経験をもとに、恋愛に関する体験談も執筆している。