Tel:0120-32-3594

電話注文

9時~18時

美容と健康のコラム 美容と健康に必要な成分

美容と健康のコラム 美容と健康に必要な成分

2016/07/22 │ カテゴリー:水

夏の肌の潤いをキープする水分の摂り方とは?

紫外線や室内の冷房など、肌への負担が増加しやすい夏は、いつも以上に肌を労りたいものです。紫外線や冷房は、汗を大量にかいても肌の乾燥を加速させる原因になるので、乾燥対策に力を入れましょう。

肌の乾燥を予防するには、保湿クリームを塗ったりパックをしたりといった“外側から”のケアも大切ですが、それと同じく“内側から”のケアも大切になります。
例えば、夏は汗をかき喉も渇くので、水分補給の回数が増えます。この水分補給を工夫することで、肌の乾燥対策につなげることもできるのです!

まずは十分に水分を補給すること!

まず大切なのは、十分に水分を補給すること。化粧水や乳液で外側から肌に水分を補うだけでなく、「口から」水を摂取することも肌の保湿につながります。 ただし、冷たい水ばかり飲んでいると、内臓が冷えて血行不良や胃腸のトラブルを引き起こす可能性もあります。できるだけ常温の水を飲むようにして、たまには温かい飲み物もセレクトするといいでしょう。同じ水でも、活性酸素を除去する「抗酸化作用」が期待できる水素水なら、より肌を労ることができます。
ただし、肌の潤いのためであっても、水の飲みすぎには注意しましょう。水を多く飲むことは、腎臓に負担をかけ、むくみの原因にもなります。1日に摂る水分量は、食事に含まれている水分以外に1.5~2リットル程度を目標にしてください。

セラミドが含まれている飲み物もおすすめ

みなさんは「セラミド」という言葉を耳にしたことがありますか? セラミドとはヒアルロン酸と同じく、私たちの体内に存在する保湿成分です。最近はセラミドを配合した化粧品やサプリメントもよく目にするようになりましたが、飲み物からも摂取することができます。
例えば、ゴボウにはセラミドが多く含まれています。これを普通に摂取することもできますが、ゴボウをささがきにしたものを乾燥させ、お湯で2~3分煮出してお茶として飲むという方法でもセラミドを摂取することができます。
他にも、柑橘系フルーツやイチゴなど、ビタミンCが豊富なフルーツをたっぷり使ったジュースもおすすめです。ビタミンCは紫外線によって発生した活性酸素の働きをセーブし、抗酸化作用も期待できるからです。
肌が乾燥しているときだけでなく、夏バテ気味で元気がないときや、食欲が低下しているときにも、フレッシュな香りの漂うフルーツジュースはおすすめです。

夏になって肌が疲れていると感じたら、毎日の飲み物をひと工夫してみてくださいね!

ライターの紹介

【美容ライター】 エンドウ

【美容ライター】 エンドウ

雑誌やWebを中心に、美容・健康をテーマにした記事を執筆中。自宅で簡単にできるスキンケアやダイエット方法を、自身で実践しながらみなさんに発信します。