Tel:0120-396-523

電話注文

24時間

美容と健康のコラム 美容と健康に必要な成分

美容と健康のコラム 美容と健康に必要な成分

2018/5/9 │ カテゴリー:成分

紫外線対策レモンより〇〇!? ビタミンCの効果&賢い摂取方法

だんだん暖かくなってくると、気になってくる紫外線。そんな、日差しが気になるシーズンにおすすめの栄養素が「ビタミンC」です。そこで今回は、ビタミンCの効果や、効率よく摂る方法をご紹介。日焼けしてしまったし……と諦めていた方にも効果がありますよ。

シミ・シワを防止に◎ ビタミンCの効果

紫外線対策として有名なビタミンC。なぜ、シミ予防に効果的なのでしょう?これは、ビタミンCによる「チロシナーゼ活性酸素」を抑制する効果によるもの。チロシナーゼ活性酸素は、メラニン色素の元となっている活性酸素で、チロシナーゼ活性酸素とチロシンが合成されるとメラニン色素になり、日焼けやシミなどの原因になってしまいます。つまりビタミンCは、シミの原因を防いでくれるのです。

また、ビタミンCには、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進してくれる働きも。そもそも、肌の老化は活性酸素の働きによって引き起こされるもの。ビタミンCは、これを防いで、紫外線によるコラーゲンの減少にもアプローチ。肌弾力に欠かせないコラーゲンの生成まで助けてくれるのです。

ビタミンCを効率的に摂るには?

ビタミンCが多く含まれている柑橘類などには、「ソラレン」という物質が含まれているものも。このソラレンは、紫外線を浴びると過剰反応し、肌へダメージを与えてしまう光毒性。ビタミンCが多いイメージの、レモンやアセロラなどにも含まれているので、ソラレンが気になる場合には、赤・黄色ピーマン・芽キャベツなどを摂るといいかもしれません。

また、水溶性のビタミンCは、少量ずつ分けて摂取するのがおすすめです。厚生労働省では、一日100mgと推奨されていますが、美容効果を得るためには、一日1000mg以上が◎。熱に弱いので、生の果物やサプリメントなどで効率よく摂っていきましょう。満腹時に摂取すると吸収がゆっくりになって、空腹時の約1.6倍、身体に吸収されるというデータもあるそう。まずは、食後に、ビタミンCを摂っていきましょう。

このほか、ビタミンCを壊す作用のある「ビタミンP」や「アスコルビナーゼ」との食べ合わせにも注意が必要です。ビタミンPは柑橘系の薄皮や、白いすじの部分に多く含まれ、アスコルビナーゼは、バナナやりんごなどに含まれています。せっかく、ビタミンCを意識するのであれば、食べ合わせにも気をつけておくといいかもしれませんね!

おわりに

みなさんも、意識的にビタミンCを摂取してみてはいかがでしょう?摂るのが難しいときには、サプリを利用したり、スキンケアにビタミンCを含むものを活用したりしてもいいかもしれませんね。これからは、特に肌の露出が増えてくる季節、身近なところから少しずつ、生活にビタミンCを取り入れてみませんか?

ライターの紹介

【美容ライター】 富永ゆう

【美容ライター】 富永ゆう

キレイになれる情報を求めて日々情報収集を行い、そのネタを美容コラムとして発信中。併せて、30代になってから結婚した経験をもとに、恋愛に関する体験談も執筆している。