長寿の里新聞コラム こちらの記事をご覧の方へ おすすめ商品掲載中! 野菜に含まれる欠かせない栄養素


 注目は野菜が持つ豊富な栄養素

 食物の中に含まれているタンパク質、脂質、炭水化物(糖質・食物繊維)、ビタミン、ミネラルが互いに関係、協力し合って身体を強くしてくれている。
 しかし、近年偏った食生活などで栄養素不足に陥っている人が増えている。
 そんな中、注目したいのが野菜。
 野菜には肉や魚から摂取できない「食物繊維」をはじめ、野菜の方が効率よく摂取できる「ビタミン類」や「ミネラル」など、身体に必要不可欠な栄養素が多く含まれている。

 身体を構成するミネラル「シリカ」

 ミネラルの一種である「シリカ」は、身体の健康維持に欠かせない成分と言われ、身体の土台を作る重要な役割もになっている。
 しかし、体内のシリカは20代を境に徐々に減少し、60代を過ぎるとおよそ半分の量に。
 シリカは、体内で作り出すことができないため、外からの摂取が不可欠なのだ。
 そんなシリカが、実は野菜にも含まれているのをご存知だろうか。
 野菜は、太陽や水、土から栄養をもらい成長する。
 土や水には、自然界に酸素の次に多いとされるシリカが含まれているので、その栄養を野菜が吸収しているというわけだ。
 特に土の栄養を吸って育ったじゃがいも、かぶ、アスパラガス、かぼちゃなどにシリカが多く含まれ、中高年の「若々しさ」の鍵を握る存在として関心を集めている。
 身体をしっかりと丈夫にし、活動的な毎日に導くなど、健康面での働きをサポートしてくれる大切な成分の一つとなっているのだ。

野菜のパワーを皮ごと味わえる


 汚れているから、硬いからなどの理由から野菜の皮を捨てたり、アク抜きや苦味が取れるからと野菜を水にさらしたりと、良いと思ってしていたことが、野菜の栄養を逃すことに繋がっているかもしれない。
 例えば、大根の皮には食物繊維やビタミンC、レンコンにはポリフェノール、人参にはカロテンが実の中心よりも多く含まれている。
 根菜類は皮に栄養を集める性質があるため、出来る限り皮も一緒に調理することでより効率的に栄養素を身体の中に摂り入れることができるのである。

シリカ摂取


 昔から身体に良いとされる食材にはシリカが含まれていると言われている。
 例えば、玄米、大麦、ひえ、あわなどの全粒殻類、昆布やわかめなどの海藻類、大豆などの豆類、ごぼう、人参、大根などの野菜類、あさり、はまぐりなどの貝類である。
 最近では、健康や美容のために玄米を食べる人も増えてきているが、実際多くの人はどのようにシリカを摂取しているのだろうか。
 ある調査によると、1番多いのが野菜、2番目に多いのが飲料水となっている。
 この2つは豆類、穀物類に比べると圧倒的に多い数値となっている。
 飲料水が野菜に次いで多いのは、ここ数年シリカ入りの飲料水が話題となり、様々な商品が発売され健康や美容を意識して生活に取り入れている人が多いのも要因の一つとして挙げられるだろう。
 シリカを取り入れる方法は人それぞれだが、日々の食事から他の栄養を摂りながら効率よく必要な量を摂取することを心がけるのも一つの方法である。

野菜のチカラで 冬野菜の保存法 1月のプレゼント


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

健康不安は飲んで対策
里ビタC+
里ビタC+お試し