Tel:0120-396-523

電話注文

9時~19時

長寿の里新聞コラム 水の性質によって


 夏になると増える食欲不振

 気温が増すごとに「お腹は減っているのに食欲が湧かない」「身体がだるくてやる気がでない」「水分ばかりで栄養バランスが不安」という人も多い。
 この時季は、日々の暑さの影響もあり喉越しが良く食べやすい素麺やうどんなどを食べることが多くなったり、冷たい物を口にする機会も自然と増えてしまう。
 実は、この行動が悪循環を生み出しているかもしれない。
 夏バテによる食欲減退は、自律神経の不調によって胃や腸の消化機能が弱くなっている可能性が高く、通常より栄養の吸収が悪くなり身体にとって大切な栄養素が摂りにくい状態に。
 そんなときに、冷たい物を過剰に摂取すると胃腸の働きを更に弱め、さらなる食欲減退へと繋がり兼ねないのだ。
 また、食欲減退により身体に必要なエネルギーが不足し、だるさや、疲労感が増し、無気力といった状況に陥ることもある。
 そんな環境を打破し、元気な身体を作るためにも栄養をしっかり摂って体力をつけることが重要になる。

夏バテ予防・解消に効果的な食材


 食事量が減るからこそ欠かせない栄養に注目

 暑さが続く夏、栄養が偏りがちになり、更に食べる量も減ることで身体に必要な栄養を摂る機会が普段より減ってしまう。
 特にこの時期に不足しがちな栄養素が、ビタミンB1、ビタミンC、良質なたんぱく質の3つだと言われている。
 ビタミンB1は元気がない時に必要な栄養素で、体内で蓄えておくことができず、汗とともに排出されてしまい、発汗が多い時期はどうしても不足してしまいがちに。
 またビタミンCは、暑さなどでストレスを感じると大量に消費され、体内で生成できないので毎日の食事にブロッコリー、ピーマン、ゴーヤなど、ビタミンCを多く含む食材を取り入れ補う必要がある。
 そして、最も重要なのが身体を作る材料となるたんぱく質。特に肉類、魚介類、大豆製品、卵に良質なたんぱく質が含まれているため、その時の体調に合わせて調理方法を工夫して積極的に食べて頂きたい。
 その際に食欲増進効果の期待できる香辛料や香味野菜、お酢などを使ってみるのもいいだろう。
 暑さでバテそうなときこそ食事のバランスに気を配り、食生活が乱れがちな時や食欲が落ちていると感じた時は、手軽なゼリーやドリンク、サプリなどを活用し、必要な栄養を補うのもお勧めである。

おすすめ商品①


「シリカ」をたっぷり吸収 旬の野菜はなぜ栄養価が高いのか


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

おすすめ商品②