Tel:0120-396-523

電話注文

9時~19時

長寿の里新聞コラム 夏の肌を守るバリア機能


 夏特有の肌トラブルが増加

 夏は汗によるベタつきや過剰な皮脂で肌がテカる一方、冷房による乾燥などで肌の「バリア機能」が低下しやすくなっている。
 その上で、強烈に降り注ぐ紫外線の影響を受けるため、肌トラブルが一気に増加してしまうのだ。
 さらに今年は、マスクを長時間着用する機会が増えているため、汗を拭き取らず放置することで汗の通り道が塞がれたり、マスクに付着した雑菌の繁殖、マスクの着脱による摩擦や刺激で肌への悪影響が懸念される。
 この夏は、いつもより肌を取り巻く環境が過酷であることを、まずはしっかりと自覚したい。


 優しく丁寧に低刺激な洗顔を

 肌トラブルを増やさないためには、肌を外的刺激から守る「バリア機能」を保つことが重要だ。
 そのためには、角質層を潤いで満たす保湿ケアが欠かせないが、過酷な夏を1日過ごした肌は、想像以上に汚れや刺激物が付着しているため、まずは洗顔で取り除くことが大切。
 肌にダメージを与えないためにも低刺激な洗顔料を使い、やさしく汚れを取り除くことがポイントだ。
 汚れなどが肌に残っていると刺激になる可能性があるので、帰宅後マスクを外し、手洗い、うがいと同じように、肌への刺激が少ない洗顔料で丁寧に洗うことを、習慣にすると良いだろう。

おすすめ商品①


帰宅後はマスクを外し


 保湿ケアでバリア機能を助ける

 肌の「バリア機能」とは、肌表面にあるわずか0.02㎜の角質層がうるおいを蓄え乾燥や外部刺激から肌を守る役割のこと。
 そのため、洗顔後の保湿ケアは念入りに行うことが重要だ。
 夏は特に紫外線によるダメージや炎症を起こしやすいため、バリア機能が低下してしまうと、外的刺激によって肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまう。
 そのため、上質な潤いを肌にたっぷりと与え、バリア機能を整えることで、肌の健やかさを保つように心がけたい。
 バリア機能が高いと外部の刺激から肌を守ると同時に、肌の内側から水分が出ていかないように保護してくれるため、もっちりハリのある乾燥知らずの美しい肌づくりも期待ができる。
 目立った肌荒れがなくても、特にこの夏は、肌が敏感になっていることを意識して、たっぷり保湿でバリア機能を整えるお手入れを心がけて欲しい。


 夏のお手入れはエイジングケアに繋がる

 夏の美肌づくりは紫外線との戦いといっても過言ではない。
 実は肌老化の約8割が紫外線などの「光老化」とも言われるため、夏のスキンケアを正しく行うことが、今後のエイジングケアにも繋がっていく。
 また、紫外線は肌の弾力を保つ線維にもダメージを与えるため、プラスのケアとして身体の内側から美容成分をしっかり補えるサプリメントを使用するのも夏の美肌対策にはお勧めだ。
 外側も内側もしっかりとケアしていつまでも若々しい印象を保ちたいものである。

希少価値が高く肌馴染みも段違い「コウネ馬油」


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

おすすめ商品②