Tel:0120-396-523

電話注文

9時~19時

長寿の里新聞コラム 万全な「熱中対策」を


 熱中症患者が年々増加傾向

 近年、夏の猛暑日の増加と共に熱中症患者の発生推移が比例している。
 救急搬送の数を見ると住居での発生が最も高く、屋外と屋内では屋内での発生が4割にも達することも明らかになっている。
 家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、身体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があるのだ。


 熱中症の原因は体温上昇

 熱中症は、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の体温調節機能が破綻することにより発症する。
 蒸し暑い日本では、日中だけでなく夜間の対応も重要になってくる。
 室内では室温をこまめに確認し扇風機やエアコンを利用して調整を行なったり、外出時は日傘や帽子の着用、日陰の利用を心がけるなど暑さを避ける対策をとるといいだろう。
 熱中症は、きちんと対策を行い、適切な処置を行えば必ず防止、あるいは軽症で済むが、対策や適切な処置を怠れば、非常に重篤な人災になりうるとも言われている。
 まずは、自身の体調管理をしっかり行い、周りの環境を整え過ごしやすい場所づくりを心がけてほしい。


 覚えておきたい危険な熱中サイン

 熱中症の状態は急速に症状が進行し、重症化するため軽度の早い段階で異常に気づき応急処置をすることが重要となる。
 重症度は3段階に区分され、第1段階はめまい、失神、筋肉痛、大量の発汗などが現れる。
 第2段階になると、頭痛、吐き気、嘔吐、身体がぐったりして力が入らないという状態になり、病院への搬送が必要なる。
 そして、第3段階になると意識がなくなり、けいれん、刺激への反応異常、高体温という症状になり入院や集中治療での対応になると言われている。
 熱中症が疑われたら、すぐに風通しの良い日陰やクーラーなどが効いている室内などに移動し、服を緩めたり、濡れた冷たいタオルをあてたりして、身体を冷やす行動を。
 熱中症は誰にでもかかる危険性があるため、普段から気をつけて対策をとることに越したことはない。

湿度が上がってくると危険度アップ


 熱中症予防には湿度が鍵

 熱中症と聞くと気温に目がいきがちだが、気温が低くても湿度が高いと熱中症にかかる可能性が高くなると言われている。
 環境省によると湿度が高い場所では汗が蒸発しにくいため、身体から外気へ熱を放出する能力が低下してしまい、熱中症にかかりやすいそうだ。
 特に注意が必要とされているのは65歳以上の高齢者。
 年齢を重ねると身体の温度センサーが鈍くなり暑さを感じにくいことに加え、冷房が苦手という人は、高温多湿な環境で過ごしている方も多い。
 そのため充分な注意が必要になる。
 逆の視点で考えると、湿度を下げることが出来れば温度が同じでも涼しく快適に過ごせる環境を整えることができるのである。
 最適な温度は28℃で、湿度は60%と言われており、日頃から温湿度計を使って、温度と湿度を把握するといいだろう。
 部屋の温度を28℃に設定しているのに暑さを感じるときは湿度に注目し、70%のときは熱中症の警戒レベル、75%以上は厳重警戒レベルに達しているため、すぐに対策が必要となる。
 除湿機やエアコンの除湿機能などを上手に使い湿度のコントロールをするといいだろう。

温度28℃・湿度60%が目安


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

おすすめ商品