Tel:0120-396-523

電話注文

9時~19時

長寿の里新聞コラム 紫外線が身体を脅かす!?


 紫外線の強さと時間に要注意

 暖かな日差しを感じるこの季節、同時に気になるのが紫外線だ。
日本では1990年以降、継続的にオゾン層全量とともに紫外線の観測を行っているが、国内の紫外線量は長期的な増加傾向が見られている。
その原因として、紫外線を散乱・吸収する大気中の微粒子の減少や天候の変化(雲量の減少)などの影響があげられているが、どの程度関係があるかは明らかではないそうだ。
 とはいえ、増加する紫外線対策は必須であり、環境省の「紫外線環境保健マニュアル」では、紫外線が非常に強い場合、日中の外出を控えるなどの配慮が必要とされている。
ここで、注目したいのが紫外線量だ。紫外線量は、紫外線の強さに時間をかけたものであり、弱い紫外線でも長時間浴びた場合の紫外線量は、強い紫外線を浴びた場合と同じになることもあるのだ。

紫外線量が年々増加している!?


 身体への悪影響

 多くの研究により、紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があることがわかってきた。
まず、多くの方が思い当たるのは、肌が真っ赤に焼けたり、肌荒れができたりする「サンバーン」と呼ばれる日焼けや、肌が黒くなる「サンタン」と呼ばれるものではないだろうか。
 しかし、紫外線の影響はそれだけでなく、免疫機能の低下や、細胞を傷つけることにより皮膚ガンの原因にもなる。
さらに目にも影響をもたらし紫外線角膜炎や、白内障にも繋がってしまうのだ。さらに、シミや乾燥など美容面でも様々な影響が懸念されている。

百花ばーむバナー


 悩まされるシミの原因とは?

 年齢を重ねるとシミや乾燥、肌のハリ不足など加齢によるトラブルは仕方ないと思いがちだが、その原因の多くは、紫外線による「光ダメージ」によるものかもしれない。
地上に降り注ぐ紫外線は、波長の長さでUV–AとUV–Bに分けられる。
UV–Aは波長が長いため、肌の奥深く真皮層にまで到達してしまい、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまう。
その結果、肌は弾力を失い、乾燥やハリ不足といった肌悩みを引き起こしてしまう。
 一方、UV–Bは真皮には届かないが、表皮に強烈なダメージをもたらしてしまう。
そのため表皮は、紫外線の影響を防ごうと色素細胞(メラノサイト)で黒い色素「メラニン」をつくり肌を守ろうとする。
ところが、過剰な日焼けが続くとメラニンが大量につくられ、表皮細胞内にたまってしまう。これが、シミの原因となってしまうのだ。
美しい素肌を保ちたい女性には、紫外線による光ダメージのケアが何よりも大切といえる。

UV-A UV-B 紫外線は日頃のケアが勝負


 紫外線対策はまず、「防ぐ」ことから始めなければならない。
室内であっても紫外線は入り込んでくるため、日焼け止めを日常的に生活に取り入れたり、外出時は日傘や帽子、日陰を選んで歩くことも効果的である。
しかし、どれだけ気をつけていても完全に防ぐことはできないため、自分の肌にあった化粧品でお手入れを欠かさないことが重要だ。
いつまでも、透明感溢れる健やかな素肌を保つためにも日頃のケアを心がけたいものだ。


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

おすすめ商品






*********************************
◆あわせて読みたい!バックナンバー掲載はこちらから!◆

◆vol.19~「健康寿命の鍵は“腸”にあり!?」(2020/5/19(火)更新)
◆vol.18~「『シリカ』は身体の救世主!?」(2020/5/13(水)更新)
◆vol.17~「生活習慣が『健康長寿』へ導く!」(2020/5/7(木)更新)
◆vol.16~「肌の乱れは身体からのサイン?」(2020/4/22(水)更新)
◆vol.15~「シリカで色が白くなる!?」(2020/4/14(火)更新)