Tel:0120-396-523

電話注文

9時~19時

長寿の里新聞コラム 日々の生活習慣によって変わる腸内環境


 密接に関係する生活習慣病

 年齢を重ねても若々しく病気ひとつない人がいるが、その人の秘密は腸にあるのかもしれない。
老化や、日本人の6割がかかる生活習慣病といった不調と腸は密接な関係にあると言われている。

 腸内環境の乱れは全身に影響する?

 私たちの身体は日々ウイルスや病原菌にさらされているが、こうした外敵から身体を守っているのが腸の免疫細胞である。
それ以外にも腸は、ビタミンの生成、がんの予防改善、脳内ホルモンの合成など全身の健康に関わる重要な役割を担っているのだ。
これらの機能を果たす腸内環境であるが、欧米型の食事や加齢によってバランスが崩れやすくなる。

 特に近年では、肉類や乳製品が主体の欧米型になり、それに伴い腸内環境にも変化が生じ、日本人に糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病が増えてきたという。悪玉菌が増え、腸内環境が乱れると、腹部だけの不調にとどまらず全身の不調や老化を早めてしまう原因にもなってしまうのだ。

腸内環境を整えると…


 「腸活」で綺麗な身体へ

 巷では最近、「腸活」という言葉をよく耳にするが、具体的には何をすればいいのだろうか。
その第一歩は、「善玉菌」を含む食べ物を摂取すること。
腸内細菌の比率は、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7と言われており、このバランスをキープすることが大切となる。
善玉菌を増やす納豆や味噌などの発酵食品には「人の身体にいい働きをする生きた微生物」(プロバイオティクス)が含まれ、摂るほどに善玉菌の増加に繋がるという。

 もう1つは、善玉菌そのものではなく、善玉菌の栄養源を摂る(プレバイオティクス)という方法である。
腸をキレイにしてくれる食物繊維を多く含む葉野菜やきのこ類、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあるDHAやEPAを含む青魚、善玉菌のごちそうであるオリゴ糖を含む豆類やハチミツなどを積極的に摂り増やしていくのだ。

 逆に、脂っこい食事やスナック菓子は、悪玉菌の増加を助けることになるので摂りすぎには注意が必要である。
また、「運動」も腸活には欠かせない。
身体を動かすことで腸の動きも活性化される。
どちらかに偏ることなく、両方を実行することで「腸活」は成果を生むのだ。

里の野菜バナー


 健康力もアップ

 腸の働きを考える際、どうしても食べ物の消化と栄養素の吸収という点ばかりに目が向いてしまうが、ある意味それ以上に重要な役割も担っている。
それは、食べ物と一緒に身体に入ってくるもの(ウイルスや毒素)の排除である。守る役割を担う器官のうち半数以上が腸に存在しているとも言われている。
健康・美容面を問わず、その重要性がますます高まりつつある「腸」。
腸を健康に保ち、老化や病気を未然に防ぐためにも、善玉菌が優位に働くよう腸内環境を整えてあげることが必要となる。腸内環境の乱れは、守る力を低下させ、ひいては健康力の低下をも招きかねないのである。

 また、身体の冷えやストレスも悪玉菌が増える原因ともなるため、適度な運動やゆっくりお風呂に浸かり身体の外からもアプローチするのも悪玉菌を抑える一つの方法として挙げられる。
腸の環境づくりに真摯に向き合い、行動に移すことができれば、人が本来持っている健康力をアップさせることができるのではないだろうか。

納得!健康コラム 今更聞けない!素朴な疑問


*********************************
~こちらの記事をご覧になった方へのおすすめ商品~

おすすめ商品






*********************************
◆あわせて読みたい!バックナンバー掲載はこちらから!◆

◆vol.18~「『シリカ』は身体の救世主!?」(2020/5/13(水)更新)
◆vol.17~「生活習慣が『健康長寿』へ導く!」(2020/5/7(木)更新)
◆vol.16~「肌の乱れは身体からのサイン?」(2020/4/22(水)更新)
◆vol.15~「シリカで色が白くなる!?」(2020/4/14(火)更新)
◆vol.14~「あなたの未来の身体は何を食べるかで決まる!」(2020/4/8(水)更新)